Windows 10 version 2004でAsprova、Asprova NLS/DSを使用される方へ

Windows 10 Version 2004について、以下の操作を行なった場合にエラーが発生し、ブルースクリーンが表示されることを確認しております。
お急ぎでない場合は、Windows 10 version 2004へのアップデートはお控えいただくことを推奨いたします。

  • Asprovaをインストール済みの環境をWindows 10 Version 2004にアップデートする
  • Windows 10 Version 2004の環境にAsprovaをインストールする

Asprova(正式版、体験版、32bit/64bit)(Ver.16.0以前)、Asprova NLS/DS(Ver.2.0.0.10以前)のいずれも該当いたします。(以下の文中では、まとめてAsprovaと記述いたします)
Asprova、Asprova NLS/DSの起動や操作には影響はございません。また、Windows 10 Version 1909以前でのAsprovaのインストールについては、エラーの発生はございません。

なお、本件についてはプロテクタのドライバの互換性に依るもので、Microsoft社が調査を継続しております。最新の状況につきましては、Windows 10, version 2004 and Windows Server, version 2004 – Windows Release Information | Microsoft Docs をご参照ください。

 

やむを得ず、Windows 10 version 2004でのご利用が必要な方は、”やむを得ず、Windows 10 version 2004でのご利用が必要な方へ”の項をご参照ください。対策済みのプロテクタは、こちら からダウンロードいただけます。

状況

2020年7月16日

当社では、Asprova Ver.16.1のリリースに伴い、プロテクタのドライバのインストーラをWindows 10 version 2004でご利用いただけるバージョンに更新いたしました。Asprova NLS/DS Ver.2.0.0.10のインストーラも更新いたしました。最新のインストーラはダウンロードページからダウンロードいただけます。これにより、Windows 10 version 2004で、Asprova Ver.16.1、Asprova NLS/DS Ver.2.0.0.10をインストールいただけるようになりました。また、Windows 10 version 1909以前の環境についても、Asprova Ver.16.1、Asprova NLS/DS Ver.2.0.0.10をインストールいただいたうえで、Windows 10 version 2004へのアップデートが正常に実行できるようになりました。

Microsoft社の対応状況が2020年7月14日に更新されておりますが、本件に関する現象についてはステータスの変更がございませんでした(調査中のまま)。

 

2020年7月8日

原因は、プロテクタのドライバの互換性に依るものです。Microsoft社も把握しており、解決に向けて調査中とのことです。このため、Windows 10 version 2004へのアップデートは推奨しておりません。自動アップデートは、該当するマシンでは行なわないようMicrosoft社側で制限しているようです。
Microsoft社からの発表については、新しい情報を確認でき次第、こちらでご報告いたします。なお、Microsoft社の対応状況など詳細は、Windows 10, version 2004 and Windows Server, version 2004 – Windows Release Information | Microsoft Docs で公開されております。

一方、プロテクタのドライバのベンダーからは対策済みのドライバがすでにリリース済みされております。やむを得ず、Windows 10 version 2004でのご利用が必要な場合は、ダウンロード のうえ、インストールしてください。手順については、”やむを得ず、Windows 10 version 2004でのご利用が必要な方へ”の項をご参照ください。

Asprova Ver.16.0、Asprova NLS/DS Ver.2.0.0.10のインストーラのプロテクタのドライバにつきましても、差し替え作業を進めておりますので、今しばらくお待ちください。

 

やむを得ず、Windows 10 version 2004でのご利用が必要な方へ

Asprovaをインストール済みの環境をWindows 10 Version 2004にアップデートされる場合

必ず、最新のプロテクタのドライバをインストールしてから、Windows 10 version 2004へのアップデートを行なってください。最新のプロテクタのドライバをインストールせずに、Windows 10 version 2004にアップデートすると、アップデート中、もしくはアップデート完了後の起動中にエラーが発生することがあります。エラーが発生した場合は、OSがエラー情報を収集したのち、アップデートがキャンセルされます。

  1. ダウンロードページ からダウンロードします。
  2. ダウンロードしたprotector_driver.zipを右クリックして、”すべて展開”メニューをクリックして解凍します。(ダブルクリックで中身を表示した場合は正しくインストールできません。)
  3. 解凍して保存されたファイルの”setup.bat”を実行します。このとき、WindwosのSmartScreen機能の画面が表示されることがあります。”詳細情報”ボタンをクリックして、”実行”ボタンをクリックしてください。(最大2回表示されることがあります)

  4. しばらく待つと、”Operation successfully completed.”というメッセージが表示されると、インストール完了です。
  5. この後に、Windows 10 version 2004にアップデートしてください。

 

PCを新調されたり、Windows 10 version 2004へのアップデート後にAsprovaをインストールされる場合

後述の”Windows 10のバージョンを確認するには”の手順に沿って、Windwos 10 のバージョンをご確認ください。
version 1909以前のバージョンでは、これまでどおり、Asprovaをご利用いただけます。

version 2004の場合は、対策を検討しておりますので、Asprovaのインストールは今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。最新のインストーラをダウンロードして、インストールしてください。

Windows 10のバージョンを確認するには

Windows 10のバージョンは、システム設定のWindowsの仕様をご確認ください。以下の手順でご確認いただけます。

  1. Windows キーを押しながら、Xキーを押下します
  2. メニューの中からシステムを選択します
  3. システム情報が表示されるので、Windows の仕様を確認します

 

Windows 10 version 2004に、Asprova Ver.16.0以前、Asprova NLS/DS Ver.2.0.0.9以前のバージョンをインストールされる場合

最新のインストーラでのインストール後に、各種モジュールを上書きしていただく必要がございます。以下に必要なファイルを列挙いたします。

フォルダ ファイル
Asprova Asprovaモジュール
いずれかのフォルダにインストールされます。
インストール先を変更された場合は変更先のフォルダをご参照ください。
C:\Program Files (x86)\Asprova Corporation\Asprova
C:\Program Files\Asprova Corporation\Asprova
Asprova.exe
AsPlugInManager.dll
AsRes.dll
表示言語リソース
C:\ProgramData\Asprova\Language に保存されています。
en_US_0.arc などのARCファイル一式
Asprova NLS/DS Asprova NLS/DSモジュールと設定ファイル
いずれかのフォルダにインストールされます。
インストール先を変更された場合は変更先のフォルダをご参照ください。
C:\Program Files (x86)\Asprova Corporation\AsprovaNLS
C:\Program Files\Asprova Corporation\Asprova NLS
AsprovaNLS.exe
ANLSUtil.exe